クネッケブロートとブラウンチーズ
Norway ショップ 🇳🇴お土産 🇳🇴ノルウェーフード 🇳🇴フード・料理・グルメ 🇳🇴旅行 🍰グルメ

まるでキャラメル?! ノルウェーのヤギのチーズ

前回は、和食について書きましたが(和食)、今回は私が好きなノルウェーの食べ物を紹介したいと思います。

クネッケブロートを大人買い

丁度一年前の今頃、私はノルウェーでのクリスマスバケーションから日本に帰国したのですが、そのときに、大きなスーツケース2つにクネッケブロートを敷き詰めて帰りました。

クネッケブロート

彼が、このことを彼のご両親に話した時は、驚かれてしまいましたが。。。

このクネッケブロートですが、ライ麦でできているクラッカーで、北欧ではよく食べられているのですが、日本ではほぼ手に入らないと思います。IKEAで見つけたのですが、品切れ。。。

そういった事情もあり、クネッケブロートだけを手土産に日本に帰ったのが懐かしいです。

クネッケブロートについて

このクネッケブロートですが、日本に馴染みがないと思うので、もう少し詳しくお話したいと思います。

名前も覚えにくい名前ですが、わかりやすくいうとクリスプブレッドやクラッカーで、もともとはライム麦100パーセントでしたが、今では小麦粉が入っているものもあります。

わりと固めでサクッとか、カリッとした歯触りで、味は素朴でちょっと味気ないので、そのまま食べるというより、上に何かぬったりのせたりして食べるのが一般的。

ライ麦からできているといこともあり、食物繊維が豊富で、カロリーも抑えめ(RYViTAのDARK RYEは1枚たったの34キロカロリー)なので、ダイエット中の女性にも重宝されます。

RYViTAのDARK RYE

原材料:ライ麦と塩のみ

カロリー:たったの34キロカロリー/1枚

クネッケブロートについての詳細は以下のリンクから(パンの図鑑)

https://bread.jp.net/knackebrod.php

ゴートチーズ(ヤギのチーズ)

このクネッケブロートにのせる具材ですが、ノルウェーではゴートチーズ(ヤギのチーズ)をのせて食べる人も多いですが、このゴートチーズも特徴的で、茶色い色をしていて、キャラメルのように甘い味がして、初めて食べた時は、そんなに美味しいと思わなかったのですが、癖になる味で、今では大好きです。

ゴートチーズ(ヤギのチーズ)

TINEのGUDBRANDSDALSOST

原材料:ホエイ、低温殺菌された山羊乳、低温殺菌されたクリーム、低温殺菌された牛乳

カロリー:441キロカロリー/100g

クネッケブロートとブラウンチーズ

果肉濃度80%の濃厚ジャム

また、私はクネッケブロートにサワークリームとジャムをのせて食べることが多いですが、2019年のクリスマス日本から遊びに来てくれたゲストは、お土産にジャムを買って帰りました。

クネッケブロート(サワークリームとジャムをのせた)

このジャムは普通にスーパーで購入できるのですが、砂糖不使用で、果肉の濃度も80パーセントあり濃厚です。フルーツをそのまま食べているようなほど果肉感があり、このジャムを食べ慣れてから日本に帰ると日本の市販のジャムが物足りなく感じてしまうほど。

ジャム

残念ながら日本では売ってないようですが、似てるジャムといえば、サンダルフォーとかボンヌママンあたりかなって思います。(主人は日本でサンダルフォーを食べておりました。)

日本からこちらに移住した知り合いなどは、和食を恋しがって、わざわざ日本の食材店などで食材を買って、和食を作っている人もいるようですが、私はノルウェーの食べ物が大好きで、彼に和食を食べたいと言われなければ、ずっとノルウェーの食べ物だけ食べていてもいいと思うくらい、ノルウェーの食べ物が好きなので、これからも色々、紹介したいと思います。

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA