パスポート
Norway 🇳🇴ビザ 🇳🇴国際結婚 🇳🇴結婚・恋愛

ノルウェー人と国際結婚(ファミリービザ編)

やっと待ちに待った警察署から案内が届きました。警察署って聞くと怖そうなイメージですが、ノルウェーでは、ファミリービザを申請すると、所轄の警察署に書類を提出致します。(案内が来てから警察に行く段取りはもしかしたら、コロナ禍中の特別な措置かもしれませんが。)

ノルウェーに来たばかりの頃に始めたブログで国際結婚について書いたきり、進捗について触れて来ませんでしたが、やっと動きがあったので、アップデートしたいと思います。

実は、結婚の手続きをした後に、ちょっとしたパニックがあったのでそのことも含めて解説してみようと思います。

国際結婚に関する手続きですが、大きく分けて2つあります。

1つは前回のブログでも書きましたが税務署に出す婚姻届、もう一つがUDI(移民局)に出すファミリービザです。

日本出国前に、何度も在京ノルウェー大使館と在ノルウェー日本大使館に婚姻届については質問をし書類も用意してきたのですが、肝心なUDIの方は、手抜かりになっていました。

ファミリービザの申請

と言うのも、彼からはずっとファミリービザは一度出国してから申請しないといけないと言われ続けており、すっかりそう思い込んでいたので、急がなくてもいいやと、あまり調べてきていなかったのですが、よくよく調べると、ファミリービザは、結婚前から申請もでき、しかも日本にいる時から申請できることが判明。。。

思い込みに邪魔されて、十分な下調べを怠ってしまい、反省。

よくよく考えると、ノルウェー大使館からも以下のようなご丁寧なメールをもらっていたことを思い出しました。

”滞在許可の申請はまた別にの手続になりまして、入国管理局のホームページを確認すると、7か月の手続期間があります。

https://www.udi.no/en/word-definitions/guide-to-case-processing-times-in-family-immigration-cases/?gh=n&gf=1&gs=1&go=4&c=jpn

普通には90日間以内に申請を提出すれば審査が終わるまでノルウェーに滞在しても大丈夫ですが、今のコロナ時代によってこのような滞在がまだ認められるかどうかわかりません。”

思い込みと面倒臭いて気持ちが入り乱れ、せっかく頂いた情報もよく調べずに掘ったらかしにしてしまっておりました。

そんなこんなで大慌てで申請をしましたが、コロナの影響もあり、7ヶ月どころか9ヶ月かかると情報が更新されていたため、のんびり構えていましたが、思いもよらず、警察署からの手紙が届いていたので、近々警察署に書類を提出に行ってく予定です。(書類審査が通ると、今度は面接があると聞きました。)

このファミリービザの申請の書類ですが、ほとんど彼任せだったので、ノルウェ側でどんな書類が必要だった詳細はわかりかねますが、日本側では、まず、UDIにオンラインで登録し、約10万円をクレジットで払い、その後はひたすらUDIからの連絡を待ちやっと警察署から案内の手紙が来ました。

移民局に提出する書類

警察(UDI)に提出する書類は、日本側は婚姻届の時と同様に出生証明書と婚姻要件具備証明書、またパスポートのコピー(記入がある全ページ)のようです。(人によって必要なものが多少変わるようです。例えば、すでに結婚が済んでいる場合は、結婚証明書の提出が必要のようです。

この出生証明書と婚姻要件具備証明書ですが、前回、婚姻届の書類の時も必要だったので、その際に一緒に申請しておけばよかったと思います。

出生証明書と婚姻要件具備証明書の申請の際は、前回同様、アポスティーユ付きの謄本が必要です。これは、事前に大使館に何枚くらい持ってくるべきか質問をしておいたため、日本からは2枚持って来ましたが、2枚持ってきて正解でした。(外務省に申請した時は、必要枚数しか作成できないと言われ、最初は1枚しか作ってもらえず、慌てて後日追加で作成してもらい、あたふたしましたが。)

まだ、肝心な税務署からの連絡がなく、予定している日程で結婚式が行えるかどうか不明ですが、気長に待ちつつ、先にUDIから連絡が来たので、とりあえずは、無事に書類審査が通る事を願います。

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA