皿にもられたミルク粥
Norway 🇳🇴ノルウェーフード 🇳🇴フード・料理・グルメ

ノルウェー人のソウルフードのミルク粥

ノルウェーの祝日

今日は、日本は祝日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ノルウェーにいるとつい日本の祝日を忘れがちですが、たまたま昨日、日本に用事があり電話をした際に天皇誕生日の祝日で休み聞き、そういえば令和になって天皇誕生日も変更になったんだっけって思いました。(まだ、新しい祝日に慣れませんが)

ノルウェーに来てからも、Yahooニュースなので、日本の近況をチェックしていますが、日本でもワクチンが始まったり、新規感染者の人数が落ち着いてきたり、少しずつ元の生活に戻れることを祈っております。

ヨーロッパは、国によって隔離政策やワクチンの効果がまちまちなようで、改善に向かっているという国もあれば、改善が鈍化している国もあるようで、まだまだ不透明ですが、早いもので2月ももう終わるので、春ごろには良いニュースが聞けるといいなって思っております。

祝日に食べる料理

ところで、ノルウェーではよく休日にミルク粥を食べるようで、旦那様がよく休日にミルク粥を作ってくれます。

ミルク粥

旦那様曰く、子供の頃の休日の思い出だそうで、ソウルフードのようです。旦那様の実家のレシピは、ミルク粥にシナモンシュガーを大量にふりかけ、バターをのせます。

彼が使うミルク粥はスーパーに売ってるインスタントなので、材料は、ミルク粥の素と牛乳を鍋に入れて煮詰めるだけです。

レシピ

ミルク粥(インスタント)

シナモンシュガー

バター

私が人生で初めてミルク粥を食べたのは、私が日本語を教えていたフィリピン人のワイフでしたが、初め食べた時は、正直お米が甘いことに違和感を感じました。その後も、国際交流のイベントのバザーなどでライスプディングを買っては見たものの、あまり口に合わず。。。

そんなこともあり、ミルク粥に対して苦手意識があったのですが、2年前のクリスマスランチで食べたライスプディングがすごく美味しくて、それ以来ミルク粥(ライスプディング)を克服し、好きになりました。

こちらでの食べ方は作った日は、暖かいミルク粥にシナモンシュガーとバターをのせて食べ、翌日は冷たいミルク粥にホイップをのせたり、シロップをかけたりしてデザートにして食べるのが主流のようです。

私は、暖かいミルク粥も好きですが、2日目のデザートにリメイクしたミルク粥も大好きです。

しかも、こんなに美味しいミルク粥をお米から炊いて作らなくても、インスタントで簡単に作れるので、休日にのんびりしたい時にもってこいです。

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA