アスケー駅
Norway 🇳🇴ライフ 🇳🇴交通

オスロ近郊のターミナル駅<アスケー駅>

今回ノルウェーに来てから初めて一人でお散歩に行ってきました。と言っても、今までの滞在で何度もお散歩に行ったことがあるので、お散歩自体は、初めてではありませんが。

お天気もよく、ポカポカ陽気(マイナス3度くらい)だったので、そろそろ冬眠から冷めようと思い、いつものコース(近くのターミナル駅まで)をウォーキングしてきました。

外に行くとつい開放的な気分になり、お洒落なカフェに立ち寄ってお茶でもしたいところでしが、ノルウェーや近隣の北欧の国では、3月に入ってからロックダウンをするようなニュースもあり、オスロも感染拡大で規制を強化するとのことで、気を緩めすぎないように気をつけながら、リフレッシュしてきました。

ノルウェーに来てから、買い物や結婚に関する外出以外は、ほとんど自粛し、接触する人もほぼ家族のみの生活を続けきたせいか、出るのが億劫になっておりましたが、運動不足も心配になり、健康のために久しぶりに散歩に行きました。

まだまだ雪は残りますが、だいぶ日も長くなったためか、日中でもウォーキングしたりジョギングしたり犬の散歩をしている人が結構いました。テレワークをしている人も多いようなので、仕事の合間に気分転換に運動する人も多いのかもしれません。

ターミナル駅に行ってみると、普段と変わらずショップも開いており、ある程度人出もあり、それなりに賑やかでした。ターミナル駅ということもあり、駅周辺位は、可愛いらしいショップや大きなショッピングセンターなどもありますが、今回は散策せずにすぐに戻ることにしましたが、せっかく駅まできたので、何枚か写真をとってみたので、少しご紹介したいと思います。

アスケー駅

こちらはアスケー駅で、デザインがモダンでお洒落です。ターミナル駅なので、各駅と急行と両方止まります。

余談ですが、Asker(アスケー)には皇太子ご夫婦も住んでおります。

アスケー駅

公共交通ー電車・バス

ノルウェーの国鉄のVy(旧NSB)が走っています。Vyはオスロ中心部から郊外に行くための電車で、東京でいう在来線のようなものです。

https://www.vy.no/en

アスケー駅

こちらは車内の様子です(2019年の夏に撮影した時の車内の様子)。普通の電車ですが、まるで特急のように快適です。

電車の中

東京の都バスのような緑色のバスも走っています。

バス

オスロに行くとこの緑色のバス以外に2つ車両がつながっている赤いバスやトラム(路面電車)も見かけます。赤いバスを見るたびに、東京も2つの車両をつなげれば、混雑も改善し、人手不足の問題も解決するのになって思ってしまいます。

公共交通の切符の買い方

自分の影が写り込んでいて見えにくくてすみません。こちらの写真は券売機で、一つが空港専用の電車(成田エクスプレスみたいな)と、もう一つは普通の電車を買うためのものですが、ノルウェーの公共交通ですが、東京とは仕組みが異なり、まだちゃんと把握できておりません。驚いたのは、駅にチケットゲートがなく(鉄道会社により異なる)、切符や日本のPASMOやSuicaに該当するようなICカードもないようです。北欧なので、生活のほとんどがキャッシュレスで、チケットも携帯で購入しているようなのですが、勉強不足なのでもっと勉強して皆さんにわかりやすく説明できるようにしたいと思います。

券売機
券売機

YouTubeチャンネルのビデオ

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA