ソファーで雑談をしている若い女性
Japan 出会い・恋愛 🇯🇵シェアハウス 🇯🇵ライフ

シェアハウスでの外国人との出会い

シェアハウスの探し方

もう10年以上前になりますが、東京に出てきたころ、1年間だけシェアハウスに住んでおりました。残念ながら、そのシェアハウスは既に取り壊しになっておりますが、日欧という会社が経営するシェアハウスで、50人くらい住むような大きなシェアハウスで、住民の半分くらいが外国人でした。

https://www.hituji.jp/comret/owner/nichio-koyu-kikaku

日欧以外にもいつくか見学に行きましたが、最終的にこちらに決めた理由が、外国人率が高かったことと、全てが個室でプライバシーが保たれていたこと、そして、掃除当番がなかったこと(清掃業者が清掃)、そして安かった事です。

シェアハウスの存在を知ったのは、私の友人のイギリス人からで、彼が一時的に東京のゲストハウスに住んでいると聞いて以来興味を持ち、またTVドラマのフレンズをみてずっと憧れておりましたが、私が東京に出た2008年ごろは、まだシェアハスも珍しく、探すのに苦労しましたが、ひつじ不動産という有名なサイトを使い、探しました。

外国人も住んでいるし、彼氏ができるかなと淡い期待をしておりましたが、残念ながら私はできませんでしたが、住民の中には日本人と外国人のカップルもいました。また、外国人も多かったので、英語が上達するかなって期待していたのですが、これも実は期待ほど伸びなかったです。というのも、もともと、私は、英検も準1級持っていたり、TOEICも800点を超えていたため、伸び代がないというか、よっぽど努力をしないと、伸びない領域のため、そんなに英語自体も伸びなかったです。

シェアハウスの様子

ただ、想像したとおり、住民同志の交流もあり、キッチンやラウンジで挨拶したり、時には一緒に食べたり、映画を見たりしました。また、有志が幹事をしてくれて、クラブに出かけたり、江ノ島に行ったり、花火をしたり、一緒に出かける事もありましたが、外国人が多いシェアハスらしく、強制はせず、自由意志に任せており、プライバシーを重視しあまり群れたがらない外国人も案外多かったです。

私も、友達はほしいと思いつつも、わりと自分のテリトリーを大事にする方なので、他の住民と距離を保ちつつも、適度に交流しておりましたが、正直なところ、距離をおかれていたというのが正しいかもしれません。というのも、私がシェアハウスに住んでいたのは、30代後半でしたが、多くの日本人は20代後半で、年齢のギャップがあったのが大きかったです。

50人もいたので、苦手な人もいましたが、気が合う友達もでき、楽しい事も多かったですし、何より防犯(誰かが住んでいる)や、一人暮らしの寂しさも感じることなく、初期費用も安く住むため、貯金もたまり、メリットもたくさんありました。

もちろんメリットだけではありません。神経質の人は、他人とキッチンやトイレやシャワーを共有するのは気持ちが悪いと思うかもしれませんし、特に今のようにコロナ禍だと、正直シェアハウスって大丈夫なの?と疑問に思います。また、多くのシェアハウスが年齢制限をしていたりして、現在40代後半の私には住む権利すらなかったり。。。

と思っていたら、確か、フジテレビのMr.サンデーだと思いますが(もしちがったらすみません)、離婚や子供が独立したり、独身の女性が住むシェアハウスを見た事があり、それからしばらくして、偶然meetupのイベントで参加したのがこのシェハウスがオーガナイズするイベントでした。

アラフォー・アラフィフOKのシェアハウス

チューリップ不動産

https://tulip-e.com

こちらは、特に外国人が多いという訳ではないですが、とはいえ、どこのシェアハウスも外国人が住んでおり、こちらにも住んでいらっしゃるようです。余談になってしまいましたが、女性専用で年齢制限もなく、また、2年の定期借家でもないので、安心して長く住めそうです。

その他のシェアハウス

話を元に戻すと、私がシェアハスに住んでいた頃に住んでいた住人の中には、シェアハウスを転々としている方もいましたが、バウハウスとかも有名で外国人が多いと言っていたような気がします。

http://bauhousetokyo.com

以前のブログにも書いたTokyo Notice BoardやMetropolisなどにもシェアハウスの情報が載っているので、気になる方はご覧ください。

また、Sakura Houseという有名なシェアハウスもありますが、こちらは、日本人はNGで外国人しか住めないようですが、今はコロナで例外的に日本人も住めるようですが、状況によると思いますので、ご自身でお確かめください。

https://www.sakura-house.com

オークハウスについて

敷金礼金・連帯保証人不要で家具家電付き、
インターネット接続料が込み。

初期費用は10万円以下で入居可能。

大型シェアハウス=ソーシャルレジデンスには
ジム、シアタールーム、大浴場、岩盤浴、防音室、
カフェラウンジ、オフィススペースも有りで、
一人暮らしにはない設備が利用出来ます。

また「マツコ会議」でも取り上げられた
「出会い」も大きな魅力で、友人・恋人関係から
結婚されたカップルも多数。

ハウス内での英会話レッスンなど外国人との
交流を求めて入居する方も多いそうです。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA