書道をしている着物の女性
Japan 出会い・恋愛 語学 🇯🇵教養・教育 🇯🇵日本語 🇯🇵日本語 🇯🇵語学

日本語教師ボランティアでの外国人との出会い

地方でも参加できる国際交流

昨日はメーデーでノルウェーではほとんどのお店が閉まっておりましたが、日本ではGWで自粛しつつもそれぞれのスタイルで休暇を過ごす様子をニュースを読みました。

ところで最近の私のブログではノルウェーでステイホームであまり新しい情報がないため、日本の情報を書く事の方が多くなっておりますが、日本というよりは東京の情報に偏っており、地方に住む方がコロナ禍中に東京に来るのも難しいと思うので、今日は地方でもできそうな国際交流について書いてみようと思います。

自治体の国際交流ボランティア

そもそも私自身も地方の出身であり、東京に住む前は地方で国際交流に携わっておりました。その主なものは2つあり、通訳ボランティアと日本語教師のボランティアです。このどちらとも、地方に在住の時は割と活発に活動をしており、東京に来てからも続けようと思う自治体に行って、ボランティアに参加したこともありますが、東京ではボランティアに参加する以外にも外国人と触れ合う機会が多いので、自然と足が遠のいてしまいました。

私の住んでいた街は、割りと有名な観光地だったため、ぼちぼち通訳ボランティアの依頼もあり、また地元に住むALT(Assistnat Lanugage Teacher)や外国人の奥様たちが通う日本語クラスもあったため在籍し、外国人と触れ合う事で英語力の維持と英語の勉強のモチベーションアップに励んでおりました。

今は昔と比べ在日外国人も増え、またコロナ禍前はインバウンドの外国人も多かったため、どこの自治体(都道府県または市町村)にも語学のボランティア組織があると思います。

また、赤十字なんかも語学ボランティアがあり、医療に関係なくボランティア活動もできます。

また、オリンピックの話はタブーかもしれませんが、昔、長野オリンピックやFIFAの語学ボランティアもしたことがあります。実は、TOKYO2020の語学ボランティアにも登録してあったのですが、派遣社員であったため、1週間とか10日間とか仕事をやすんでボランティアに励むのは生活が苦しいと思い、コロナパンデミックがはじまる前にすでにボランティアを辞退しておりました。

オリンピックの話はおいときますが、自治体の通訳ボランティアや日本語教室も、今はコロナの影響をかなりうけていると思いますので、通常の活動はしてないかもしれませんが、ご興味がある方は、お住まいの自治体のホームページや電話などで問い合わせをしてみたら良いと思います。

ちなみに私が所属していたグループでは、時々、BBQや飲み会などボランティア以外のアクティビティもあり外国人の友達を作ることもできましたし、そういうボランティアがきっかけで、外国人の男性と結婚した女性の話を最近YouTubeでも見たので、ボランティアを通していろんな出会いがあるかもしれません。

(https://www.youtube.com/watch?v=V-VAvG-kGLE&t=479s)

オンライン日本語教師で世界中の人に教える

また、ボランティアではないですが、最近ではオンラインで日本語を教えたり、または外国語を習えるプラットフォームもたくさんあります。

実際に私も日本語教師として使っているプラットフォームは以下です。私が使いはじめた頃はあまり日本語教師の数も多くはなかったようですが、今はライバルも多いので、日本語教師として簡単に稼げるというわけにはいきませんが、ご興味のある方は副業としてチャレンジしてみても良いかと思います。

オンラインでもリピータの生徒さんとかできると、日本語以外にもプライベートの話をしたりして、お友達のように仲良くなれる生徒さんもいるし、逆に自分が生徒としてレッスンを購入することも可能なので、便利な時代になったなって思います。

\日本語教師をめざすすべての方に/「NAFL日本語教師養成プログラム」

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA