料理するカップル
🇳🇴Others 🏠Life

【家事分担】朝食の担当は旦那さま?!

お早うございます。今日も寝坊してしまいまいました。

朝食の担当は妻・・・ではなく旦那様?!

ノルウェーに来た頃は、毎朝5時とか6時に起きて、日本時間の15時まで、プロジェクトをしておりましたが、だいぶ落ち着いたので、最近では、朝はゆっくり7時起きですが、昨日と今日は朝8時に目が覚めたら・・・

なんと、旦那さまがすでに自分でお茶とトーストを作っておりました・・・(ごめん)

ノルウェーは男女平等で家事も分担

以前のブログノルウェーで驚いた事-トップ10でも書きましたが、ノルウェーや北欧では男女差別があまりなく、女性もバリバリ働いており、男女平等が根強いため、自然と家事分担も男女平等のようで、女性だから家事をしないといけないという偏見もないようですが、私は主婦なので、なるべく家事をしたい意気込んおります。

が、私がリラックスしすぎてやる気がない時は、旦那さまがやってくれます・・・(甘えすぎ)

まだ、結婚する前(付き合っている頃)は、今の逆でどちらかというと旦那さまが朝食や夕食を作ってくれることが多く、私はお客様って感じで、ご馳走してもらったお礼に皿洗いをしておりましたが、今は頑張って家事をしたいなってと思いつつ、完璧にできなくて、申し訳ないですが・・・・。

外国では料理は奥様じゃなくて旦那さまが担当している?!

以前東京で働いていた時に、オフィスの半分くらいが外国籍だったのですが、中国人の女性と台湾人の女性(両方とも既婚)と話をした時に、私が「料理ができないから、結婚できないよ〜」って言ったら、二人がその考え方は日本人の女性だけだって笑われてしまいました。

確かに中国人の女性は、子育ては旦那さまの両親に任せて、料理は旦那さまに任せていると言っており、料理も子育ても得意な人やれば良いという考えのようでしたし、台湾人の女性も似たような事を言っていたような気がします。

彼女たちの話を聞いていると合理的で、適材適所で良いのかとほっとし、同じアジア圏でも国が違うと多少違う事があるんだなって思いました。

デジタル大国北欧では、旦那様はリモートワーク!

ところで、旦那さまは昨年からずっとリモートワークのため、現在は、朝起きてすぐ7時ごろから机に向かって仕事をしておりますが、以前はバスと電車で通勤し、9時ごろから15時か16時ごろまで仕事をし、17時すぎに帰宅しておりました。

日本の会社のように遅くまで働く人はいない(職種による)ようで、みんなプライベートの時間を大事にしているのかなって思います。

北欧はデジタル大国なので、リモートワークへの切替もスムーズで、お陰で旦那さまもコロナ感染の心配もなく安心して仕事に専念でき、私としても安心しております。

日本のニュースを見ていると、なかなかリモートワークが普及せず、コロナ前と同じ水準で通勤地獄が続いているようで、閉所恐怖症の私は、東京在住の頃は徒歩通勤をしておりましたので、ノルウェー(北欧)は流石だなって感心しております。

日本に対して思うことは山のようにありますが・・・、ここでは慎みたいと思います。

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA