野菜と果物と人参ジュース
Japan ショップ 🇯🇵ダイエット 🇯🇵美容・健康 💄美容・健康

朝食を人参ジュースに置き換えてプチ断食ダイエット

こんにちは、万年ダイエッターの由実です。以前、ローカーボ(ローカーボで夏までにコロナ太りを解消しよう)についてお話しましたが、今回はファスティングダイエットについてお話したいと思います。

断食って辛そう・・・

ところで、ファスティングってご存知ですか?日本語に訳すと断食になりますが、断食って聞いてどんなイメージですか?

私は、「空腹で辛そう」とか「健康に悪そう」とか「逆にドカ食いしてしまそう」とか、色々ネガティブな言葉が浮かんでしまって、断食をしたい気持ちにはなりませんでした。

が、ご存知ですか?

現代人は食べ過ぎているそうです。そのせいで、生活習慣病になってしまう人が増えているそうです。

食べすぎって言われても、そんな事ないと心当たりがない人が多いかもしれませんが、そもそも昔は1日3食食べる習慣はなかったそうで、1日3食たべるようになったのは近代になってから。

つい先日見た中田敦彦のYouTube大学でもやってましたが、空腹の時間を作る事で若返ると言っておりましたが、私も同じ事を20年くらい前に聞いたことがあります。

とは言っても、産まれた頃から朝、昼、晩と食べてきて、長年の習慣を急に変えるのは難しいと思います。

それに、ただ抜くだけっていうのも、なんか不安(本当に栄養足りているのかな?とか、お腹が空きすぎて仕事に集中できないとか)じゃないですか?

人参ジュースでプチ断食

私は、朝食を抜くのも抵抗があったので、朝食を抜くのでなく、人参ジュースに置き換えて、プチ断食をしておりました。

野菜と果物と人参ジュース

ちなみに、中田さんが番組で言っていた、空腹時のナッツですが、ローフードダイエットをしていた頃は、生のクルミや生のアーモンドなどもよく食べており、ナッツ好きの私は全然苦ではなかったのですが、ローフードの話はまた次回したいので、今回は詳細はおいておきますが、ナッツも確かにおすすめです。

しかも一番のおすすめは素焼きではなく、生のナッツです。生であれば酵素が生きているので、酵素ダイエットにもなります。

話は戻りますが、朝の人参ジュースをする事で、胃腸を休めて、排出の時間に使う事ができ、便秘の解消にもなり、便秘が解消される事でお肌の調子もよくなります。

ドクター石原

TVでお馴染みのイシハラクリニックのドクター(お父さんと娘さん)も、人参りんごジュースや、生姜紅茶で朝のプチ断食をおすすめしておりますが、ドクターが言うと、なんか信憑性がありますよね。

人参は根菜類なので、マクロビダイエット(玄米食)いろいろ試したダイエット【ベジタリアン〜ビーガン〜マクロビ】)をしている人にも好まれる野菜ですが、葉野菜と違い、体を冷やす心配もないので、冷え性の女性の冷えの改善にもなるそうです。

そもそも断食って何?なぜ断食するの?

断食とは

そもそも、断食とは絶食(ぜっしょく)とは、飲食行為を断つことで、食物の摂取を絶つことです。その主な理由はイスラム教などの、宗教的理由や、絶食療法(断食療法)などの医療的な目的で行われます。また、水すらも一切飲まない断食方法もあるようです。

なぜ断食をするのか?

私たちは普段食事をすると、消化器系の内臓は体内へ運ばれた飲食物の消化をすることで忙しくなってしまいますが、断食をすることによって消化器が消化する作業が不要になり、余った労力を「排泄=デトックス」に専念することができます。

そして、デトックス=排便をすることで、体から老廃物が排出され、肌が綺麗になったり、痩せたりという効果が期待されます。

普段私たちは消化器を休ませることなく、食べ続けているので、消化器がちょっと疲れ気味。たまには、お休みさえてあげることも大事ということです。

断食の種類はいろいろ

断食にはいろんな方法があります。

  • 水だけ
  • 酵素ジュース(コールドプレスジュース)
  • 具なし味噌汁
  • 生姜紅茶と黒砂糖
  • スムージー

などなど

そして、期間も半日だけや週末だけのものからもっと本格的なものまで様々。

でも、病気治療などが目的の場合は病院や断食道場で専門家の指示の元にやることをおすすめします。

人参ジュースのやり方

では、具体的にどのようにすれば良いのかやり方についてご説明いたします。

ドクター石原は、朝食のみ、人参ジュース、または生姜紅茶と黒砂糖を提唱しております。

人参ジュースですが、人参のみでも良いし、それだと飲みにくいという人は人参とりんごを混ぜても大丈夫です。

また、固形物を摂取しないという意味では、グリーンスムージなどのドロドロしたものではなく、人参ジュースのようにサラサラしたものの方がより負荷がかからず、おすすめのようです。

そして、なぜ他の野菜でなく人参かというと、それは人参は体を冷やさないから。

体温を上げるということも重要なポイントのようです。

人参ジュースをつくるのに重宝した低速ジューサー

ところで、私が以前、朝だけ人参ジュースダイエットをしていた時は、凝り性だったので、ヒューロムの低速ジューサーを買って、生きた酵素を体に取り入れたいと思い、ちょっと高いジューサーを購入し使っておりました。

もちろん、普通のジューサーでもできるのですが、普通のジューサーは、回転速度が早く、熱が発せられその熱で酵素がこわれてしまうそうです。せっかくジュースを飲むなら酵素も体に取り入れたいと思い、低速ジューサーを使用しておりました。

(写真は低速ジューサーで作ったケールの青汁です。)

低速ジューサー

低速ジューサーを買う前は渋谷や新橋の青汁スタンドまで行き、青汁を購入したり、通販やスーパーの冷凍の青汁を飲んだりしておりましたが、低速ジューサーで青汁、そしてバイタミックス(美意識が高い女性には有名な酵素が壊れないジューサー)でスムージーを作って飲んでおりましたが、両方ともジューススタンドを経営している友達の女性にお譲りしてしまいました。

低速ジューサー

シリーズ累計8,960,000台突破のスロージューサーから最新モデルが登場!
使った後の洗浄が楽になった新型モデル

低速回転で搾るので酵素をなるべく破壊せずにコールドプレスジュースが作れます。

シリーズ累計8,960,000台突破のスロージューサーから最新モデルが登場!
使った後の洗浄が楽になった新型モデル「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」

刃がなくスクリューでゆっくりと低速回転で搾るので酵素をなるべく破壊せずにコールドプレスジュースが作れます。

バイタミックス

バイタミックスは低速ジューサーにさらに輪をかっけて高いです。正直、高すぎ。

でも、人気のジューススタンドやスムージのお店は大体これを使っています。また、保証が10年も・・・。私も一度メンテナンスに出した事があります。それに、酵素ダイエットをしている人にはやっぱり必須アイテムだったので、迷わず購入しました。

低速ジューサーやバイタミックスでなくても良いと思いますが、私はローフードをやっていた頃、生きた酵素を体に取り入れる事にこだわっていたため、この2つは必須アイテムでしたが、そこまで散財をかけたくない人は普通のジューサーとミキサーで全然OKです。

ただ、正直、毎日作るのって結構面倒なんです。野菜を切ってジュースを作るまではいいけど、片付けが面倒です。

おすすめの人参ジュース

なので、結果的に出来あがっているジュースを買うことも多かったです。市販のジュースといってもスーパーやコンビニに売っている濃縮還元のジュースではなく、ちゃんと野菜から作られているジュースを飲んでおりました。値段は高いのですが、味も美味しいし、栄養がたっぷりあって、体が喜んでいるのがわかります。

あと、一番変わったのは、舌がリセットされたみたいで、味に敏感になりました。

というのは、それまでは、添加物てんこ盛りのお菓子や市販の惣菜を普通に食べていたのですが、ダイエットをするうちに、舌が敏感になり味の違いがわかるようになり、お菓子を食べすぎてしまう事がなくなり、食生活自体ががらっと変わり、食品添加物や人口甘味料がまずく感じるようになり、そういった食べものを体が欲しがらなくなり、東京で一人暮らしをしていた頃は、15年以上自宅にお菓子や砂糖がありませんでした。

巷にはいろんなダイエットの情報が溢れており、どれが正しい情報かわからなかったり、何が自分に合っているのかわからなかったりすると思うので、一概には言えませんが、私は朝のファスティングは合っていたと思います。

ダイエットは痩せるためではなく、心と体を綺麗にするためのものなので、決して無理をせず、楽しんで長く続けるのが良いと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA