在宅ワーク
Norway 🇳🇴ライフ 🇳🇴仕事

外国人の夫と結婚し海外移住した主婦が海外で稼ぐ方法

最近、ブログが疎かになってしまってすみません。

実は、事情があって・・・。

最近、まこなり社長の動画を見ており、彼のファンになってしまったんですが、動画の中でプロゲートを紹介しており、さっそく登録。

その後、ほったらかしで月日が過ぎ・・・。

で、この前YouTubeを見ていたら、職業訓練校でアプリ開発を学んだ主婦(まだ赤ちゃんがいて、子育て真っ最中の多忙な)が、めでたくIT企業に合格した動画を見ました。

私よりだいぶ若いので、頭の回転は違うと思いますが、私も以前職業訓練校でHTMLとCSSをほんの少しかじったことがあり、やっぱりプログラミングができるとお仕事探しに有利なんだなって改めて痛感。

そこで、苦手意識があったプログラミングの勉強を再開しました。

お金があれば、まこなり社長の学校に入って、徹底的にプログラミングを叩き込んでもらいたいところですが、とりあえずは、プロゲートで私も勉強をはじめたところです。

ちなみにまこなり社長のYouTube: https://www.youtube.com/channel/UC7I3QTra4_kC4TSu8f7rHkA/videos

まこなり社長を知るきっかけは、中田敦彦のYouTube大学ですが、どちらのチャンネルも情報がつまっていて参考になります。

プログラミングを学ぼうと思ったきっかけ

ところで、なぜまた急にプログラミング?

って思いますよね。

私も思います。

プログラミング

そもそも、私は、テクノロジーが大の苦手。

数学も苦手。

根っからの文系。

学生のころの得意科目は、国語と社会。英語はその次。

数学は教科書を開くと眠くなるので、よく、眠れない時に、数学や物理の教科書を開いて寝ておりました。

眠れない方は、苦手な教科の教科書を枕元に置くと良いです。

そんな私、しかもアラフィフというハンデーを追っているのに、なぜって思いますが、

ノルウェー人の夫と結婚し、ノルウェーに移住し、さて仕事って考えた時に、雇ってくれる会社があるのか不安に思ったから。

夫からは、専業主婦で遊んでくらしていいと言われ、つい最近までは本当にのほほんと専業主婦をしていたのですが、万が一主人になにかあったら、一人で生きていけない・・・

それに、何か欲しいものがあると、いつも主人に「欲しい」「買って」っとお願いするのも遠慮。

それにそれに、もし自分が幸運にも健康で長生き(仮に100歳まで生きる)として、ずっと夫が養ってくれればいいけど、12歳も年上の夫がずっと養ってくれる可能性の方が少ないわけで、老後お一人様で長生きするための財源も必要だし。

できれば、すっとノルウェーにいたい、おばあちゃんになっても日本に帰らずノルウェーで老後を過ごしたいしな。

おばあちゃん

などなど頭を駆け巡り。

そこで、自立するために、重い腰をやっとの思いで上げた次第です。

*ちなみに勉強の進捗はTwitterでちょこちょこ呟いているので、私が勉強をさぼっているか気になるかたは、Twitterを見に来てください。

そもそも海外に移住した主婦たちってどんな仕事ができるの?

ところで、私のように旦那さまが外国人で海外移住をしたり、私の従姉妹のように旦那さまの転勤で海外移住を余儀なくされたりし、日本でのキャリアを諦め海外移住する女性も多いのではないでしょうか?

日本のキャリアをそのまま、海外に持ってこれるラッキーな人もいますが、多くはそう簡単にはいかず。

そういう女性たちが移住先でどんな仕事ができるのかなってネットで検索した事がありますが、多くは日本人である強みを生かした仕事、たとえば

日本食レストランでシェフ

和食の料理教室

日本語の先生

翻訳や通訳

現地のツアーガイド

日本の製品を販売

ホテルや空港など外国人旅行者が多い業種

などなどが多いようです。

また、私のように海外に移住した強みを生かして、

ブロガー

インスタグラマー

YouTuber

海外の製品を日本に輸出

英語や外国語の先生

などもあります。

いろんな職業

私がブログをはじめた理由も、

海外で仕事をするのに一番てっとり早そうで、

初期費用も少なめ、

そして自宅からできる(夫には持病もあるため、私が外に行き、いろんなバイ菌を自宅に持ち帰りたくない)

などなどメリットを感じたからですが、

現実の世界は厳しい。

ブログでは有名なヒトデさんの講座をYouTubeで見たり、A8netのセミナーにも出て、DaiGoさんのDラボもサブスクしてマーケティングや行動心理学を学んで、頑張って書いて、たくさんクリックを押されても収入がわずかだと心が折れてしまいます。

ヒトデでいや:https://www.youtube.com/channel/UCQAJlnmzlQGhDmjiSx8FH4Q

そこでほとんどの人が脱落し、最後まで続けられる人が少ないから、ブログ=稼げないというイメージがあることは事実だと思いますが、正直しんどい。

私は、投資家でもあるので(ノルウェーに移住してからは一時中断中)、長期投資と似ているなって思ってしまいますが、

とはいえ、投資でもずっと利益が出ないなんて事はないので、

このままブログしていて大丈夫?

普通に仕事をした方が良いかしら?って悩む日々。

現地の先輩主婦に相談してどうやって仕事を探したか聞いてみた

そこで、現地の先輩主婦(といっても私より若く、頭も良い)にどうやってお仕事を探せたのか聞いてみました。

そうしたら、なんとIndeed

え〜、私もずっとIndeedを使って、在宅でできる仕事を探していたのに・・・って。

でも、よくよく考えたら、私は、日本(東京)の会社で、在宅で仕事をできる仕事ばかり探しておりました。

そもそも、日本ってまだまだ在宅は遅れていて、基本的には出社を余儀なくされたり、電話応対がありノルウェーからは国際電話なので、その時点で無理。

在宅って思って飛びつくと、ちょっと怪しそうな大人のお仕事やアンケート調査とかばっかり。

データ入力とかもあるけど、すごく安くて、こんな値段で?って思ってしまって。

しかも、時差があるので、とてもじゃないけど、日本の営業時間に合わせてノルウェーから仕事をするのは、ちょっときつい。

でも、Indeedって日本に限ったものではなく、世界中の仕事を探せるので、

たとえば、アメリカやイギリスなどにある在宅の求人に応募もできる(在宅ならビザも必要もない)ので、

頭を切り替えて、アメリカなどにある在宅の仕事を探すって方法に早く気づくべきだったと今頃気がつきました。

Indeed以外に在宅の求人が見つかるサイト

ちなみにIndeed以外に私が使っていたサイトをリストアップしておきます。

Lancers

Lancersは2017年ごろから登録していて、何度か翻訳の仕事をしました。大手の派遣会社のプロジェクトもあり、報酬も悪くなかったです。

Crowdworks

CrowdworksもLancersと同じ時期から。最近になり、何回か在宅の事務の応募をしましたが、一度も選ばれなかったため、実際に仕事をした事はありません。

サービスの詳細は下の画像をクリック

ReWroks

ReWorksは、昨年あたりに検索でヒットしたサイトです。まだ、登録したばかりで、実際に仕事をした事はありません。

サービスの詳細は下の画像をクリック

ただ、在宅の仕事は圧倒的にIT系が多く、待遇も事務とは比べらべものにならず。

IT系(プログラマアー)のほとんどが在宅で勤務可能というより、むしろ自宅から勤務が当たり前で、出社の必要もないので、日本のどこからでも、世界のどこからでも勤務可能。

プログラマーっていいな

プログラマーになりたいなって

以前からずっと思っておりました。

海外だとやっぱりアジア人差別されないの?

人種差別

これは、ノーとは言い切れないと思います。

少なくとも私はアメリア留学中に感じました。

どのYouTuberさんだか忘れましたが(たぶん、中田さんかな)、同じように感じたそう。

黒人差別以上にアジア人差別があると。

おそらく、ノルウェーもそうなのかもしれません。

タレントのLiLiCoさんもおっしゃっていたので(彼女はスウェーデンですが)。

でも、そんな逆境の中、頑張ってポジションを獲得しているアジア人も少なくはないとか。

私は、全員のアジア人がちゃんとした仕事にはつけないっていうのであれば、諦めた方が良いと思いますが、ちゃんと仕事につけている人もいるし、そうでない人もいるのなら、自分もチャンスがあるかもって思ってしまいます。

短絡的かもしれませんが、ずっとネガテイブな気持ちを持ったまま諦めるよりは、前向きに自分なりに努力をし続けるほうがかっこいいって思います。

もちろん、努力してダメなら諦めればいいだけ。

失敗しても、命までは取られないし、そのチャレンジがいい経験になるはず。

お勉強が好きなら大学に入り直すのもよし

社会人になって大学に入るの?

って思うかもしれませんが、アメリカでもそういう人多かったし、ノルウェーもそうみたいです。

海外では日本のように大学は若い人だけが行くところって感じでもないので。

大学

先輩主婦もおっしゃっておりましたが、現地の大学に入り直して、学歴を取得すると仕事探しにも有利だとか。

私は、独学は苦手だけど、学校が好きで、お金があるなら、一生学生をしたいくらい、あれも勉強したいこれも勉強したいと

好奇心旺盛なので、大人になって学校に通えるのは楽しそうだなって思いますが、私ならやっぱり、

プログラミングか経済(投資)のお勉強がしたいなって思います。

ちなみにノルウェーの場合は、学費は無料。

ノルウェーのようにヨーロッパには学費が無料という国も多いので、勉強が苦でなければ大学や専門学校などのいくのもありだと思います。

外部環境を言い訳にせず、外野のノイズにも反応せず、マラソンランナーのように自分との勝負に集中しよう

ジョギング

魔女の呪文には耳を塞ごう

ところで、色々新しいことにチャレンジしようとすると、必ず邪魔をしてくる人があなたの周りにいませんか?

私は子供の頃、TVのアナウンサーをみて、アナウンサーになりたいと母親に言ったら、

「そんなの無理だよって。」

これって、典型的な日本人にリアクションなので、今となっては気にしませんが、

母親の言葉が呪縛に。

You can do it

ところが、アメリカに留学した時は、真逆でネコも杓子も

“You can do it.”

くだらない事でも、大それた夢でも、なんでもかんでも

“You can do it.”

しまいには、「あなたは、字幕翻訳家を目指したら?」

といわれ、

「そんなの、無理だよ〜」

って言ってしまったのは、むしろ私の方。

この「無理だよ〜」っていう呪文、よく使う方は、

今すぐやめるのをおすすめします。

というのは、無理って誰が決めるの?

って事ですが、

それって大体、自分自身や周りの幻想です。

勝手にリミットを設けない

本当は誰だって平等にチャンスがあるはずなのに、なぜか、勝手にリミットを作ってしまう。

TOEIC900点を目指して買った本には、900目指したいなら、もっと上に目標を持った方がいいと書いてありました。900とりたくて、目標設定が900だと実際には取れない可能性があるそうです。

短期目標で達成感を味わおう

目標は短期目標(努力ですぐに超えられる目標)と、長期目標(ちょっとハードは目標)を決め、

短期で達成感を味わいならがら、長期目標に向かって成長していけるのが理想かなって思います。

世界最高齢ー80代のアプリ開発

そして、世の中には、80代でも挑戦し、アプリを開発した女性も。

投資系YouTuberでお馴染みの両学長の知り合いだって、60代でブログをはじめ、収益化ができたそう。

なんか、励まされ、希望がもてませんか?

もちろん頭のできも違うので、同じ結果がでるかどうかはわかりませんが、チャレンジって素敵だなって思いました。

両学長のYouTube: https://www.youtube.com/channel/UC67Wr_9pA4I0glIxDt_Cpyw

80代のアプリ開発者の記事:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37707280T11C18A1000000/

60代のブロガーのサイト:https://rittsun.com

実際に使ってみて楽しく勉強している無料教材のご紹介

さてさて、アントニオ猪木のように闘魂入れまくりですが、そろそろ具体的に役立っている教材のご紹介。

プロゲート

https://prog-8.com

ゲーム感覚で勉強できます。いろいろ無料の教材を試しましたが、これが一番初心者向きで、わかりやすい。

Duoling

https://www.duolingo.com

こちらは、私が毎日使っているノルウェー語の勉強教材。ノルウェー語以外の語学も充実。

ただし、英語以外の言語は、母国語を日本語ではなく英語に設定し、英語をつかって他の外国語を学ぶ形になります。

MEMRiSE

https://www.memrise.com/app

こちらもDuolingのように英語やその他の外国語が勉強できます。

Duolingに比べ、大人っぽいのと、目的別のいろなレッスンがあるので、自分の好みのレッスンを選ぶ事ができます。

私はとりあえず、無料版ではじめて、物足りなくなったら有料で学べる教材に移行するのが良いと思いますが、短期決戦で早くスキルを習得しないなら、やっぱり学校に行くのが一番だと思います。

これは私の持論ですが、お金を払うと、元を取り戻したいという気持ちが働き真面目に勉強するような気がします。

サービスの詳細は下の画像をクリック

プログラミングは世界共通

世界共通

東京で派遣OLをしていた頃、多くの外国人ビジネスマンたちに出くわしました。

日本が好きで日本で働いている方ばかりなので、皆さん日本語がお上手なのですが、中にはほとんど喋れない人も。

日本って国際的じゃないとか、外国人差別があると聞きますが、オフィスで普通に働く外国人の同僚を多く見てきたので、日本語が流暢でなくても、仕事のチャンスを与える日本って案外いい国なんじゃないのかなって思います。

彼らの多くは特にプログラマーとか専門職とかではなかったのですが、プログラマーだとさらに語学を重視されないようなので、日本に限らず、どこの国でもプログラマーってすごいなって思います。

なので、海外に移住したり、夫の転勤で国内での引越しが多く、仕事を見つけるに不安があれば、プログラミングを勉強してみてはいかがでしょうか。

周りは言うかもしれません。

「そんなの無理だよ」とか、「今から勉強なんて」とか。

でも、ここまで読んでくれたあなたならもう気付いているはず。

人生に「できない」なんてないってことを。

私もまだ始めたばかりなのですが、同じ夢を目指す仲間が増えると心強いです。

シンギュラリティーで消える職業

シンギュラリティーって言葉聞いた事ありますか?

AIが人間を超える分岐点が2045年だとか。

それよりももっと早く来ると言っている人もいます。

いずれにせよ、私たちが今までやっていた単純作業はおろか、士業(税理士や弁護士など)もAIにとって変わるとか。

私たち人間はAIの記憶力や正確性には勝てず、私がやってきたような一般事務はAIが得意とする分野という事もあり、確実になくなっていくそうです。

ちなみに以下が消えていくだろう職業

一般事務

経理・会計・財務

銀行員

税理士・公認会計士

薬剤師

ドライバー

ウェイター・ウェイトレス

などなど。

自分が一生懸命勉強したり、キャリアを積み重ねていった職業が消えてしまうのは、悲しいですが、時代の流れには逆らえないので仕方がありません。

泣いて立ち止まっていても、何も変わらないので、時代の流れを受け入れ、柔軟に変化して行き、将来を見据えた仕事選びをするのが大事だと思います。

まとめ

長くなってしまいましたが、最後に私の座右の銘を。

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

思考とか言霊って本当に大事ですね。

マインドフルネス

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA