ベジバーガー
Norway ショップ 🇳🇴ノルウェーフード 🇳🇴フード・料理・グルメ 🍰グルメ

ノルウェーのスーパーで見つけたベジミートでベジバーガー

先週、旦那さまと買い物に行った時に、おねだりしてかってもらったベジミートで旦那さま特製のベジバーガーを作ってもらい、早速インスタにアップ。

男の料理なので、ちょっとガサツですが、味は美味しかったです。

そこで、今回は、ノルウェーで買えるベジミートについてお話ししたいと思います。

ノルウェーのスーパーで見つけたベジミートたち

先週のブログの記事でも触れましたが、先週、旦那さまと、靴やランプを買いにショッピングモールまで行ってきました。

関連記事:VINMONPOLET(ヴィンモノポーレ)でノルウェーのクラフトビールを購入

その際に、Menyという高級スーパーに立ち寄り、食材を購入。

いつも行きつけのKIWIと比べ、品揃えも多く、まるで日本のスーパーのようにお惣菜も充実しておりました。

(日本のようにその場でさばいてくれるお魚売り場)

MENY

(こちらはお肉売り場。美味しそうなデリカテッセンが。)

MENY

(焼き立てのパンまで)

MENY

(そして、ノルウェーと言えばサーモン。サーモンもこんなに充実)

MENY

(日本食材コーナーまでも、あります。)

MENY

(お豆腐まで、取り扱っております。)

MENY

(そこで、見つけたベジタリアンのコーナーも、いつも行くスーパーに比べて、品揃えがよくて、感動してしまいました。)

MENY

MENY

たくさんあって、よりどりみどりで、優柔不断な私はベジタリアンコーナーを不審者のようにウロウロ。

で、とりあえず、いつものように一番安いの(貧乏性なので)を選んで購入。

ベジミート

それにしても、MENYって高いけど、行くと楽しくなってしまうスーパーで、

東京で言うと、KINOKUNIYAとか、成城石井とか、MEIJIYAあたりのスーパーかなって思いますが、珍しい物がありついつい欲しくなって、買う予定がないものまで買ってしまい、無駄遣い(反省)。

二人暮らしなのに、4袋もレジ袋を頂き、重たいので、カートを駐車場まで押して、荷物を運ばなければならないほど購入。

でも、たまにしかこないので、いいかって、ついつい自分を甘やかしてしまいます。

MENYのオフィシャルサイト: https://meny.no

自宅に帰り早速ベジミートを実食

そして、買ってきたベジミートが気になって仕方がない私は、旦那さまにお願いして、ベジバーガーを作ってもらいました。

ベジミート

フライパンで焦げ目がつくまで焼いて、レタスやレッドオニオン(トマトはなかったので、トマトはなし)を切って、チーズをのせて、ケチャップとマスタードをかけて、バンズに挟むだけ。

ベジミート

ベジミート

超簡単。

ベジバーガー

で、早速食べてみました。

旦那さまが、ベジミートを焦がしてしまったのが、逆によかったみたいで、本物のお肉と区別がつかないほどでした。

VIV ERAのベジミートの情報

でも、「美味しかったです。それでは。」

では、子供の日記みたいになってしまので、もう少し続けます。

今回、購入したベジミートは、VIV ERAというメーカー。

どうやら、オランダの会社のようです。

私が買ったハンバーグ以外にも、ソーセージやナゲット、フライなどもあります。

私が購入したものは、約35クローネ(およそ450円ほど)なので、決して安くはないですが、すごく高い感じでもなく、ノルウェーならこれくらいの値段かなって思います。

原材料を見てみると

大豆および小麦タンパク質[72%]、レッドオニオン、ひまわり油、増粘剤[メチルセルロース]、加水分解小麦タンパク質、馬鈴薯澱粉、酢、天然香料、香料、乾燥グルコースシロップ、スパイス、海塩、玉ねぎ、ジャガイモ繊維、デキストロース、水、塩、マルトデキストリン、ニンニク、タマネギ抽出物、ビタミンおよびミネラル[ビタミンB12、鉄]

なんか、色々入っておりますが、主に大豆と小麦粉でできているようです。

ついでにカロリーもチェック。

カロリー控えめ。

栄養素per 100g
カロリー164 kcal
脂肪5.2 g
飽和脂肪酸0.7 g
炭水化物8.8 g
糖質1.8 g
食物繊維6.0 g
タンパク質17 g
食塩1.3 g
鉄分2.1 mg (15%**)
ビタミン B120,38 μg (15%**)

VIV ERAのオフィシャルサイト:https://vivera.com

旦那さまに対抗し、奥様特製アボカドチーズバーガー(ベジタリアン)

そして、連チャンではありますが、旦那さまがご両親のためにマクドナルドでテイクアウトをしてあげたら、匂いにそそられまたハンバーガーが食べたくなってしまったということで、翌日は旦那さまのバージョンにさらにアレンジを加え、アボカドチーズバーガーを作ってみました。

お料理は苦手ですが、野菜が大好きなので、旦那さまが作ってくれたものより、お野菜多めで彩も綺麗かなって自画自賛。

野菜

しばらくバーガーは食べないだろうと冷凍してしまったバンズは、京都で旦那さまがお土産にかったトースト用の網で温めたら、ちょっと焦げ目がついてカリッとした美味しいバンズにしあがりました。

バンズ

あまりにも美味しかったので、またベジミートを買って、ベジバーガーを作ろうねって話したので、次回スーパーに行った時にもベジミートを買ってもらうつもりでおります。

日本で買えるベジミート

残念ながら、VIV ERAのベジミートは日本では売ってないと思います。

が、最近、日本で素敵なベジミート屋さんを発見。

Soycle(ソイクル)さんというお店です。

私は、この可愛らしパッケージに惹かれたのですが、よくよく調べてみると、この会社のストーリが感動的。

商品の詳細は下の画像をクリック

SOYCLE(ソイクル)の誕生ストーリー

2020年、日本や世界に不穏な空気が広がり始めた矢先、
まだ1歳半の息子さんの癌が発覚。

ステージ4の小児がん

でも、この小児癌は、遺伝や生活習慣によるものではなく、
本来なら自然に消えるはずのものが、腫瘍として大きくなってしまったのが原因。

世の中には、コントロールできる事とできない事があるけど、この小児癌はコントロールができないもの。
そうわかってからは、コントロールできないことに、目を向けるのをやめて、「今できること」を精一杯取り組むようしたそうです。

ちなみに、この考え方って、マインドフルネスと似ています。

話を戻しますが、

こうして息子さんと向き合った甲斐あって、息子さんの癌も直っていきました。

そして、この事がきっかけで、「子どものために事業を作ろう」と思ったそうです。

まず、国内外から様々な大豆ミート原料を取り寄せ、試食。
水やお湯に戻す、味付けを変えてみる、揚げてみる、炒めてみるなどなど。

とにかく色々な、調理方法を試し、最後に出会ったのがDAIZ株式会社のミラクルミート。

発芽大豆を使っているので、お肉料理として使っても、違和感なく美味しいのだそうです。

このようにして、DAIZ株式会社のミラクルミートを原材料に作り上げたのが、SOYCLEの大豆ミートです。

未来ある子供のことを第一に思う、親の愛情がたっぷりつまった商品。人間にも地球にも優しい商品です。

商品の詳細は下の画像をクリック

まとめ

昔のベジミートは、美味しいけど、ちょっと物足りなかったり、お肉感があまり感じられないものも多かったと思いますが、最近のベジミートはかなり再現性がなされていて、美味しい。

ベジタリアンじゃなくても、全然満足できると思うので、是非お試しあれ。

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA