日本食材店
Norway 旅行・観光 🇳🇴オスロ 🇳🇴ショッピング 🇳🇴フード・料理・グルメ 🇳🇴ライフ 🇳🇴和食 🇳🇴旅行 🇳🇴観光

オスロで日本食材を買える店4選

皆さん、こんにちわ。

最近、またヨーロッパでぶり返しているようで、ノルウェーも例外ではありません。

移動制限など規制の強化が再開されている国も出てきているので、今後の情報に注意しないといけません。

ところで、皆さんは海外で日本食が恋しくなったり、日本のものが急遽必要になるような事ってありませんか?

海外旅行に行くと、どちらかといえば、和食より現地の食べ物を食べてみたいと思うので、わざわざ高い和食屋さんに行く事もないと思いますが、私は一度和食に助けられた事があります。

あれは、もう20年前の話になりますが、オーストラリアに研修旅行に行った時に、胃炎で食べ物を受け付けず、困っていたら、一緒の部屋に宿泊していた友達がホテルの人にお願いして、レトルトのおかゆを温めてもらい部屋までもってきてもらったことがあります。

たったの1週間ほどの短い滞在でしたが、体調が悪い時に、日本のおかゆを海外で食べられたことに感動してしまいました。

そういうわけで、今日はオスロにある日本食材店についてお話ししたいと思います。

(関連記事:ノルウェーで和食を作る方法

A Food Market

まずは、こちらのお店から。

A Food Market

実は、このお店、先月オスロ散策に行った際に、オスロ先輩主婦が連れて行ってくれたお店。

彼女曰く、ここが割と店舗の規模が大きく、種類も豊富とのこと。

なるほど、広々としているし、混雑してなくてグッド。

日本食材専門ではないですが、日本食やコリアンなどアジア全般的に置いている感じです。

野菜もこんなに。

A Food Market

お魚も。

A Food Market

お米も、こんなに。

A Food Market

彼女曰く、こっちのお米(ジャポニカ米)は、日本で売られているブランド米に比べて、若干味が劣るとか。

確かに、日本で食べていたコシヒカリと比べると、雲泥の差が。

私のようにあまりグルメでない方なら気にならないと思いますが、舌が肥えている人にはちょっと物足りないかもしれませんが、こちらでは、高品質のお米が手に入るとか。

A Food Marketの詳細

オフィシャルサイト:https://afood.no

住所:Osterhaus’ gate 8, 0183 Oslo

電話:+4721379421

営業時間:

月ー土10時00分~19時00分
日曜日定休日

地図:

*Grønland(すぐ近く)にも店舗がございます。

(詳細はリンクから:https://afood.no/afood-market-osterhaus-gate-17-2-0-article.html

Scanasia

こちらは、スカンジナビアとアジアの語呂合わせ?!かなって思ってしまいましたが、以前主人ともきた事があるお店。

Scanasia

買い物好きの主人は、大きなバックパックがぱんぱんになるほど買っておりましたが、前述のお店同様、日本食材専門店ではありませんが、アジアという名の通りアジア全般的に食材を置いております。

お味噌や、海苔。

Scanasia

日本のカレーや、こちらにもお米が。

Scanasia

豆腐も。

Scanasia

実は、似たようなコンセプトのお店が、私の住んでいるAskerの駅にもあり、たまに行っては、フムス(和食ではありませんが)の缶詰を買ったりしておりますが、アジアと言っても広いので、東アジアのみならず、西アジア方面までカバーしており、エスニックフードなどもたくさんあって、面白いです。

Scanasiaの詳細

オフィシャルサイト:http://www.scanasia.no/cms/index

住所:0181, Youngs gate 1, 0181 Oslo

電話: (+47) 22 65 03 75

営業時間:

月ー土10時00分~19時00分
日曜日定休日

地図:

*こちら以外にも別の店舗もございます。

obento

こちらは、その名前からご想像される通り、日本食材専門店。

店舗は小さめですが、イートインスペースもあり、メニューから和食を注文しその場で食べる事もできます。

obento

私の主人もこのお店が大好きで、たまに行くと、肩や腰が痛くなってしまうほどたくさん食材を買っております。

obento

和食がないと生きていけないという方には救世主のようなお店です。

最後にご紹介したいのがこちら。

obentoの詳細

オフィシャルサイト:http://www.obento.no

住所:Bernt Ankers gate 4, 0181 Oslo

電話:+4746862369

営業時間:

月ー土10時00分~18時00分
日曜日定休日

地図:

Neo Tokyo

こちらは、私が2019年の夏にノルウェーに旅行に来た時に、オスロ先輩主婦に連れて行ってもらったお店。

Neo Tokyo

Neo Tokyo

広いお店で食材以外にもいろんなグッズも売っております。

Neo Tokyo

Neo Tokyo

また、驚いたのは、ゲームセンターにあるようなゲームまで。

Neo Tokyo

ところで、つい最近、Neo Tokyoのオンラインショップで食材を購入。

オスロ先輩主婦に頂いた、結婚のお祝いのギフト券を使って主人がポチりました。

Neo Tokyo

これ全部でたぶん1万円は超えていると思いますが、年末にむけて、蕎麦と鰹節がほしかったので主人にリクエストしました。

これで、今年も年越し蕎麦を食べる予定です。

Neo Tokyoの詳細

オフィシャルサイト:https://www.neo-tokyo.no

住所:Karl Johans gate 7, 0154 Oslo

電話:+4721095990

営業時間:

月ー金10時00分~20時00分
土曜日10時00分~18時00分
日曜日定休日

地図:

まとめ

短期の旅行や出張だから、和食なくても大丈夫って思っていても、私のように急に必要になる事もあるかもしれません。

長期、短期にかかわらず、知らない国で日本食材店があるとほっとしたりするもの。

長期でご滞在の方はもちろんのこと、短期で訪問中の方にとっても便利なお店。

皆さんも、オスロにご訪問中に急に和食の食材が必要になったら、是非これらののお店をご利用ください。

旅行のご予約は下の画像をクリック

旅行のご予約はこちらのリンクから

空港定額:羽田便は片道2,980円/人〜詳細はこの画像をクリック

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA