アイススケート
Norway 旅行・観光 🇳🇴オスロ 🇳🇴旅行 🇳🇴観光

【オスロ】凍った湖とフィヨルドでアイススケートしてみませんか?

皆さん、お寒うございます。

東京でも大雪のニュースを見ましたが、ノルウェーの冬は比較になりません。

ノルウェーの冬は、めっちゃ寒い!!!

海や湖が凍るほど寒い!!!

でも、この厳しい寒さのお陰で、冬になると湖やフィヨルドでのアイススケートを楽しむことができます。

特に首都オスロには、人工のスケートリンク以外にも、アイススケートが可能な湖やフィヨルドがたくさん。

でもその一方で、毎年ニュースで、湖やフィヨルドで氷が割れて落ちてしまう人の話を耳にします。

映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」でも凍ったオスロの湖のシーンが

最近、ブログで書いた<ノルウェーの絶景が楽しめる映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」>でも、Langvannという湖が登場します。

作中でも、大自然と凍った氷が迫力満点のシーンを描いておりますが、こんな迫力満点の大自然があちこちにあり、誇りに思うほど。

今年もすでに湖上のアイススケートが解禁

今年もすでに、氷点下をはるかに下回る日が何日も続き、多くの湖が凍っております。

私の知り合いでも、早速、凍ったオスロの湖を歩いたり、そこで魚釣りをして楽しんでいる人たちも。

日本では、人工のスケート場しか行ったことがない人も多いと思いますが、ここノルウェー(オスロ)では、森などの大自然に囲まれた湖などや、何キロにも渡る広大なフィヨルドの上でアイススケートを楽しむ人が多いです。

でも、楽しい反面、危険がつきもの・・・。

湖やフィヨルドで氷が割れて落ちてしまう人も

毎年、必ず、このニュースを耳にします。

慣れているノルウェー人でも、落ちてしまうので、自然を甘くみてはいけません。

当たり前ですが、湖やフィヨルドでスケートをする場合は、必ず氷の状態を確認する必要があります。

主人曰く、カナダでは、氷の暑さをチェックしてくれる専門家がおり、暑さが30cmになると解禁になるようですが、安全に大自然の中でスケートが楽しめるそうですが、ノルウェーではそういったシステムはないとのこと。

なので、自分でドリルで穴を開けて調べたり、経験が豊富な人から聞いたり、または自治体などから情報を得たりしないといけません。

オスロでアイススケートができる湖やフィヨルド

オスロで、スケートができる湖やフィヨルドはいくつかあるようですが、有名なのは、SognsvannやØstensjøvannet、それからMaridalsvannetなどのようで、実際、私の知人もこちらの湖に行っている写真をインスタにアップしております。

また、フィヨルドであれば、Sandvikaが絶好のポイントのようです。

そういえば、昨年もSandvikaのフィヨルドでスケートをする人たちの姿を見た記憶が・・・。

夏には泳ぐことも

そして、これらの湖ですが、夏にはもちろん泳ぐことも。

ただし、ノルウェーの海や湖の水温は低め。それでも、夏になるとみんな水遊びを楽しんでおります。

そして、お散歩やジョギングはもちろんのこと、日焼けした肌に憧れて日光浴をする人の姿も多く見かけます。

自然の中でピクニックなんかを楽しむカップルや家族連れなどもおり、暖かい時期の湖もおすすめです。

オスロ近郊の湖とフィヨルドの詳細

Sognsvann

オスロのすぐ北にある周囲3.3kmの湖。

夏は、キャンプ、ピクニック、水遊びとして、そして冬は、クロスカントリースキー、スケート、魚釣りのとして利用される人気のスポット。

Sognsvann

Sognsvann

(上記)写真出典元:https://www.visitoslo.com/en/product/?tlp=2982813&name=Sognsvann-lake

地図:

Østensjøvannet

オスロのØstensjø地区にある湖。

ここには多種多様な鳥や野生生物が生息しており、現在は野生生物保護区となっております。

Østensjøvannet

Østensjøvannet

(上記)写真出典元:https://www.visitoslo.com/en/product/?tlp=2988393&name=Ostensjovannet-lake

地図:

Maridalsvannet

オスロのMaridalen,にある湖。

オスロ市最大の湖で、主要な飲料水供給源となっております。

Maridalsvannet

Maridalsvannet

(上記)写真出典元:https://www.visitoslo.com/en/product/?tlp=3086223&name=Hike-along-Maridalsvannet

地図:

その他

Bogstadvannet

Nøklevann

など

Sandvika

オスロの西約15 kmに位置しております。

SandvikaのあるBærumは、住民一人あたりの所得と大卒の割合が全国で最も高い地域です。

Sandvika

地図:

まとめ

残念ながら、私はまだ一度も湖やフィヨルドでスケートをしたことはありませんが、今年は凍ったフィヨルドでスケートをする人たちを撮影しに行ってみたいと思っております。

それと、この前、ノルウェー 語の授業の帰りに寄り道して歩いてみた、ハイキングトレイル。

夏に主人と一緒に歩きましたが、冬の今の時期も是非一緒に歩いてみたいと思っております。

ハイキングトレイルの様子は、ビデオに撮って、インスタにアップしておりますので、よかったらチェックしてみてくださいね。

旅行のご予約はこちらのリンクから

空港定額:羽田便は片道2,980円/人〜詳細は下の画像をクリック

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA