Sandvika
Norway 旅行・観光 🇳🇴イベント・パーティー 🇳🇴オスロ 🇳🇴ハイキング 🇳🇴ビーチ 🇳🇴レジャー 🇳🇴国際交流 🇳🇴旅行 🇳🇴観光

雪のフィヨルドを眺めにオスロ近郊のSandvikaへ

皆さん、こんにちわ。

週末、久方ぶりに、国際交流イベントに参加してきました。

その様子はまた後日改めてするとして、せっかく数ヶ月ぶりの外出だったので、イベントの前に途中下車をして、念願のSandvikaに行って参りました。

Sandvika

Sandvikaについて

Sandvikaはオスロ中心地から南西に15kmにあるBærumという街の中心にあります。

オスロ中央駅からは急行で15分程の好アクセス。

Sandvika

Bærumは、住民一人あたりの所得と大卒の割合が全国で最も高く、国内有数の高級住宅街で、とても住みやすい街です。

この街でクリスマスの時期に開催されるクリスマスマーケットもとても有名で、是非一度行ってみたいと思っており、まだ行けておりません。

Sandvika駅周辺

駅前には、北欧で最大のショッピングセンターの1つ、Sandvika Storsenterがありますが、外からは想像ができないほど広くて、迷ってしまうほど。

Sandvika Storsenter

期待せずに入ったので、良い意味で裏切られたって感じでした。

あまりにも大きすぎて、ショッピングモールの中に、行先案内の標識が・・・。

Sandvika Storsenter

また、私が行った時には、閉まっている店も多く静かでしたが、オスロフィヨルドに接する川沿いには、素敵なレストランやカフェもあり、暖かい時期には、川のせせらぎを聴きながら食事を楽しんでも楽しそうな雰囲気です。

Sandvika

歴史的に重要な建築物

そして、Sandvikaには歴史的に重要な場所がいくつかあります。

Sandvika Storsenter

Malmskrivergården farm

(上記)写真出典元:https://www.visitgreateroslo.com/en/product/?tlp=2258643&name=Malmskrivergarden

Malmskrivergården farm

Løkkehaven

Løkkehaven

(上記)写真出典元:https://www.visitgreateroslo.com/en/product/?tlp=2258633&name=Lokkehaven-and-Lokke-bridge

Løkkehaven

Malmskrivergården farm(農場)や、Løkkehaven周辺にある建物、それから、1829年から存在するLøkke bridge(橋)という名前の古い橋など。

この橋は、1895年にクロード・モネが訪れた際に描いたとされております。

Løkke bridge

Løkke bridge

(上記)写真出典元:https://www.visitgreateroslo.com/en/product/?tlp=2258633&name=Lokkehaven-and-Lokke-bridge

Løkke bridge

滞在中、彼は街とその周辺をさまざまな角度から描きましたが、必ずと言って良いほどKolsås と呼ばれる山が登場します。

そして、この滞在で最もよく知られている絵画は、Løkke bridgeの背景にKolsåsがある「Sandviken Village in Snow」で、その橋はまだSandvikaに大切に残されております。

オスロフィヨルド沿いの公園や島々

KadettangenビーチとKjørbo Park

Sandvikaにはフィヨルド沿いにKadettangenビーチとその隣にKjørbo Parkという公園があります。

Kadettangenビーチ

Kadettangenビーチ

そして、Kadettangenビーチさらにその奥に進んでいくと Kalvøyaと呼ばれる小さな島があり、長さ100メートルの吊橋で歩いて島に渡ることができます。

Kadettangenビーチ

Kadettangenビーチには、ビーチの他にも、サッカー場や児童公園などもあり、ビーチ以外の目的でも楽しめます。

Kadettangenビーチ

Kalvøya島

そして、Kalvøya島にも、ビーチ、ハイキングトレイル、サッカー場があります。

Kalvøya島

Kalvøya島

夏になると、多くの人がビーチで泳いだり、フェスティバルが開催されたり、サッカーの試合があったりなど賑やかです。

そして、なんと島の東側にはヌーディストエリアもあるそう。

また、島の真ん中には、青銅器時代と鉄器時代から保護された古墳もあるそうです。

また、また、すっごくお洒落なフィットネスクラブも、島の入り口にあります。

Kalvøya島のフィットネスジム

まとめ

この日は、次の予定があり、島を歩く時間がなかったため、すぐに次の場所に向かいましたが、次回行く時は、次の予定を入れずに、島を歩いてみたいと思います。

今回は、雪景色を見たくて、冬のSandvikaに行きましたが、夏も、というか夏の方がおすすめかもしれません。

皆さんも、オスロにお越しの際は、Sandvikaまで足を運んでみませんか?

編集後記

後日、国際交流のメンバーたちとKalvøya島へハイキングへ行って参りました。

島には全長2キロほどのハイキングコースもあり、お散歩にはちょうどいい距離。

Kalvøya島

Kalvøya島

コースの雪もかなり溶けており、期待していた雪景色は撮影できませんでしたが、お天気にも恵まれ穏やかなお天気だったため、家族連れも多く、賑わっておりました。

また、凍ったフィヨルドではスケートらしきしている強者どもの姿もちらほら。

その様子はインスタのリールからお楽しみ頂けます。

旅行のご予約はこちらのリンクから

空港定額:羽田便は片道2,980円/人〜詳細は下の画像をクリック

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA