公衆便所
Norway 旅行・観光 🇳🇴オスロ 🇳🇴旅行 🇳🇴観光

オスロの公衆トイレ事情ー公衆便所は有料???

皆さん、こんにちわ。

最近写真の整理をしていたら、面白い写真を発見。

昨年、オスロに行った時に見つけ、ブログのネタになるかもと撮影したっきり、お蔵入りになっておりました。

でも、やっぱりこれって大事なこと???と思ったので、記事にしてみたいと思います。

皆さんは、観光に行って、トイレで困った経験はございませんか?

私は、汚いトイレが苦手で、汚いトイレで用を足すよりは我慢してしまうタイプ。

東京に住んでいた時には、トイレに行きたくなると必ず、ホテルかデパートに駆けこんでおりましたが、ホテルやデパートのトイレはどこも綺麗で・・・。

日本でも、地方に観光に行ったりすると和式しかなかったりして、トイレに困ったり・・・。

それでもまだ、日本の場合は、無料で自由に使えるトイレが整備されているし、コンビニやスーパーなどどこに行っても、綺麗に掃除されたトイレもありますが、海外だとそうは行きません。

アメリカに住んでいた時や、イギリスやフランスに旅行に行った時に、日本のようにトイレがすぐに見つからず、困ったことがあります。

そして、ここノルウェーも、イギリスやフランスと似たりよったり。

オスロ中央駅の近くで、有料の公衆トイレのボックスを発見

こちらが、お蔵入りになっていたトイレ。

公衆トイレ

オスロ中央駅の近くで見つけました。

なんか、珍しいなって思って、撮影したのですが、有料だったこともあり中には入れず・・・。

公衆トイレ

Spikersuppaにあるお洒落な公衆トイレ

こちらの公衆トイレは、カールヨハン通りのSpikersuppa(公園)にあるトイレ。

公衆トイレ

こちらのトイレをGoogleマップで検索すると”De franske toalettene i Spikersuppa”(フレンチトイレ)となっております。

ただの、公衆トイレですが、なんともお洒落な風貌で、この写真を撮るためだけに立ち寄りましたが、有料のため中には入っておりません。

公衆トイレは無料ではない

一度、ノルウェー中央駅にあるEGONというデパート(ショッピングモール)に入った時に、友達との待ち合わせまで少し時間があったため、念のためにトイレへ行こうと思ったら、トイレの入り口にアジア系の女性がおり、入場料がかかると言われました。

トイレ

トイレ

どうやら、ノルウェーでは公衆トイレが有料なのがスタンダードのよう。

もちろん、美術館などの観光施設や、カフェやレストランなどの飲食店には、無料で使えるトイレがありますが、そうでない場所では大抵有料。

そして、価格は場所によりますが、10〜20クローネほど。

そんなに高い値段ではないので、払っても問題なさそうですが、日本の感覚だと「なぜトイレにお金を払わないといけないの?」って思ってしまいます。

オスロでトイレに行きたくなったら、デパートがおすすめ

私のように「お金を払うのは、ちょっと・・・」と躊躇してしまう方におすすめなのが、デパート。

以前紹介した、カールヨハン通りにあるオスロのデパート「PALEET」オスロの老舗デパート「GLASMAGASINET」などでは、無料で利用可能です。

他にも、以前紹介した誰にも教えたくないお気に入りのレストラン「Litteraturhuset(文学の家)」も無料で使え、よく利用させて頂いております。

まとめ

せっかくの楽しい観光も、催すとそれどころじゃないですよね。

日本の綺麗なトイレに慣れている皆さんの中には、海外のトイレが苦手と思う人も多いのではないでしょうか?

そんな皆さんでも楽しく観光をして頂けるように、この情報がお役に立つと幸いです。

旅行のご予約はこちらのリンクから

空港定額:羽田便は片道2,980円/人〜詳細は下の画像をクリック

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA