ブラウンチーズ
Norway 🇳🇴ノルウェーフード 🇳🇴フード・料理・グルメ

まるでキャラメル味?!ノルウェーのヤギのチーズ

皆さん、こんにちわ。

今日、サイトをいじっていたら、操作ミスで過去に書いた記事が抹消されてしまいましいた(悲しい)。

<序文> 削除してしまった記事をリライト

その記事とは「まるでキャラメル味?!ノルウェーのヤギのチーズ」という記事。

仕方がないので、思い出しながら、改めて記事を書いてみようと思います。

クネッケブロートを大人買い

はじめて、遠距離恋愛の彼氏(現旦那)を訪ねて2018年のクリスマス休暇にノルウェーに来た際に私が買ったお土産は、なんと、2つの大きなスーツケースを埋め尽くすほどのクネッケブロート。

主人のお母様にひかれるほど、爆買いしました。

クネッケブロート

ところで、クネッケブロートって何?ってお思いでしょうが、一言で説明すると、ライ麦クラッカー。

クネッケブロートについて(パンの図鑑)

https://bread.jp.net/knackebrod.php

ノルウェーではクネッケブロートをハードブレッドと呼ぶ人もおり、パンの代わりにこれを食べる人も多いのですが、カロリーも低く、繊維も豊富で、ダイエットにもってこい。

でも、日本では、あまり見かけず、IKEAでは売っているようですが、オンラインでは購入ができなかったため、手に入りにくく困っておりました。

https://www.ikea.com/jp/ja/p/knaeckebroed-rag-rye-crispbread-30148514/

(関連記事:ノルウェーのスーパー(日本でも買えるノルウェーの定番))

ところで、このクネッケブロートにのせる具材ですが、トマトやきゅうり、ハムや卵などをのせて食べたり、ゴートチーズヤギのチーズ)をのせて食べる人も多いですが、このゴートチーズも特徴的で、見た目は茶色。

ブラウンチーズ

その見た目からブラウンチーズとも呼ばれております。

ブラウンチーズ

ヤギのミルクから作られたブラウンチーズは、まるでキャラメル

そして味は、まるでキャラメルのように甘いチーズ。

はじめこのチーズを食べた時は、チーズが甘いなんて・・・と、正直、お口に合わないかもって思いました。

でも、いつの間にか癖になって、病みつきに。

ブラウンチーズについて

ブラウンチーズは、牛乳と山羊乳を混ぜて作られています。乳清(ホエー)を煮詰めてカラメル状にすることにより茶色くなります。ベースとなる乳清には牛乳を使い、10%以上のヤギ乳を混ぜ、さらにクリームや乳糖を添加してつくられます。

商品の詳細は下の画像をクリック

ノルウェーワッフルにもブラウンチーズ

そして、何かっていうとよく登場するノルウェーワッフル。

ノルウェーワッフル

ノルウェーのナショナルデー(憲法記念日)や、イベントなどでは、必ずといって良いほど登場しますが、ただの薄いパンケーキ。

(関連記事:5月17日はノルウェーの憲法記念日)

このノルウェーワッフルを食べる際も、ブラウンチーズや、イチゴやラズベリージャムを乗せて食べます。

ノルウェーでは、ベリーの畑も多く、ポピュラー

ノルウェーって聞くと寒くて、あまり植物も育たなそうなイメージを勝手に抱いておりましたが、春になるといろとりどりの花が咲きみだれ、ワイルドベリーたちもあちらこちらで実がなります。

(関連記事:ノルウェーの道端に生えている野生のベリーたち

ワイルドベリー

自宅に庭に毎年なる野生の苺や道端のラズベリーを摘んでその場で食べたりしますが、ベリーがたくさん採れ、ベリー系のジャムの人気。

以前、主人の友達が日本から遊びに来ましたが、彼はお土産にノルウェーのジャムを買って帰りました。

特にお気に入りは、砂糖不使用で果肉が80%の濃厚ジャム。

ジャム

このジャムを食べ慣れた後に、日本の普通のジャムを食べるとちょっと物たりません。

このジャムとサワークリームをクネッケブロートに塗って食べるのも私のお気に入り。

クネッケブロート

まとめ

今回は、以前書いた記事のリライトをしてみました。

書きながら、以前の記事にはなかった内容も付け加えたり。

改めて、クネッケブロートとブラウンチーズへの愛が再確認できました。

そして、ジャムも本当におすすめ。

皆さんも、ノルウェーにお越しの際は、是非お試しあれ。

旅行のご予約はこちらのリンクから

空港定額:羽田便は片道2,980円/人〜詳細は下の画像をクリック

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA