オスロ植物園
☀️Leisure ☃️Outdoor ✈️Travel

【Botanisk hage】オスロにある植物園でお花とカフェを楽しみました

皆さん、こんにちわ。

先日、友人たちを誘って、オスロにある植物園へ。

Botanisk hageについて

多種多様の植物を豊富に揃えたTøyenにある広い庭園。

膨大なコレクションは、世界中の5,500種類以上にも渡る植物からなります。

庭園の大部分を樹木園が占め、900を超える種類、合計で1200を超える樹木があります。

そして樹木園に加え、2つの温室とテーマに別れた庭園がいくつかあります。

2つの温室には熱帯の植物が・・・

1868年のパームハウス(Palmehuset)と1876年のビクトリアハウス(Victoriahuset) の温室には、世界の他の地域のエキゾチックな植物が展示されています。

ビクトリアハウスは1876年にオープンし、19世紀そのものです。

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

その他にもロックガーデン(Fjellhagen)、おばあちゃんの庭(Oldemors hage)、ハーブガーデン、アロマガーデンなど、テーマ別に異なる雰囲気のガーデンがあります。

ロックガーデン(Fjellhagen)

ロック ガーデンは、ミニチュアの山岳風景。

世界中の山岳地帯に見られる多種多様な植物が楽しめます。

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

おばあちゃんの庭(Oldemors hage)

おばあちゃんの庭は、車椅子の利用者や認知症の人の方でも安心して利用できるように設計されております。

レトロなベンチや、小さな西洋風あずまやもあります。

子供の頃から馴染みのある物による視覚的への刺激と香りによる嗅覚への刺激の組み合わせによって、脳の片隅に眠っている記憶を呼び覚ます事ができるでしょう。

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

アロマガーデン(Urtehagen)

アロマガーデン(Urtehagen)は、すべての人、特に視覚障害者、精神障害者、車椅子に縛られた人が体験できるようにデザインされております。

【Botanisk hage】

ハーブガーデン(Dufthagen)

そして、ハーブガーデンには、薬用植物、香辛料、その他さまざまな目的で利用されるハーブが展示されています。

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

バイキングガーデン

バイキングガーデンにはこの庭園は、バイキング船博物館と協力して作成されました。33mの長さバイキング船の中で、バイキングによって使用されていた植物、岩などを観察する事ができます。

【Botanisk hage】

柳ガーデン(Pilehagen)

柳で作られた柵、洞窟、彫刻、トンネルのある子供向けの庭園もあります。

【Botanisk hage】

システマティックガーデン(Systematisk hage)

こちらのガーデンでは、サークルの中心から放射線状に、植物が属性によって体系的に分類されております。

【Botanisk hage】

また、ガーデンの中にあるハウスは、学校の授業がない時には、誰でも自由に利用が可能です。

【Botanisk hage】

オールドガーデン(Gamlehagen)

園内でも一際目立つこの建物の目の前には、噴水、彫刻、幾何学模様で配置された遊歩道と芝生が特徴的な庭園があります。

【Botanisk hage】

園内のオープンカフェ【Handwerk Botaniske】

園内には、素敵なオープンカフェなどがあり、私たちもそこで休憩。

【Botanisk hage】

カフェの真ん中にある花壇もカラフルで素敵。

【Botanisk hage】

カフェの内観も素敵でしたが、ほとんどのお客様は外のテラスを利用しておりました。

【Botanisk hage】

カウンターで、いつものようにカプチーノを注文しようと思ったのですが、なんとカプチーノもカフェラテもないとのこと・・・。

【Botanisk hage】

そこで、ブラックコーヒーと、アーモンドクロワッサンを注文。

【Botanisk hage】

ちなみに値段は、86クローネ(約1200円:1クローネ=14円換算)

Handwerk Botaniskeの詳細

オフィシャルサイト:https://www.handwerk.no

電話:22608500

営業時間:

Mon – Sun: 10:00 – 17:00
*木曜日は19:30までオープン

地図:

有料の博物館

植物園自体は無料で、温室も無料ですが、園内にはそれ以外にも有料の博物館がいくつかあります。

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

【Botanisk hage】

無料のツアーガイド

夏の間は、毎週日曜日に英語による無料のガイドツアーが開催されております。ノルウェー語のツアーも開催されておりますが、ノルウェー語のツアーと英語のツアーでは開催期間が異なるようなので、ツアーを希望される方はウェブサイトをチェックしてからご来園下さい。

ツアーは予約不要。

私も、一度参加してみましたが、日本にまつわる話もあったりして、とても勉強になりました。

Botanisk hageの詳細

オフィシャルサイト:https://www.nhm.uio.no/utstillinger/botanisk-hage/index.html

住所:Sars’ gate 1, 0562 Oslo

電話:22851630

営業時間:7:00-21:00(毎日)

入場無料(*園内にある博物館は有料)

地図:

まとめ

私は夏の今、植物園を訪れてしまいましたが、やっぱりおすすめは春だそう。

来年の春になったら、忘れずにこの場所に戻ってきて、カラフルなガーデンを楽しみたいと思います。

皆さんも、オスロにお越しの際は是非、こちらのガーデンを訪れて、綺麗な花を楽しんでみませんか?

旅行のご予約はこちらのリンクから

応援のクリックをして頂けると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA